カメルーン:ボコ・ハラムの自爆テロ、半数が子ども

国連児童基金(UNICEF)は4月12日発表の報告書を通じて、イスラム原理主義勢力「ボコ・ハラム」によって自爆テロ要員として利用される子どもの数が増えていると警鐘を鳴らした。
軍隊の攻勢を受けて戦力...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。