米国特使、「ブルンジ政府は危機を引き起こした側」と糾弾

大湖地方のための米国特使であるトーマス・ペリエロ氏は4月19日に訪問先のブジュンブラで記者会見し、「ブルンジ政府は、政治面にしろ経済面にしろ、現在の危機の被害者ではなく、危機を引き起こした側である」と...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。