仏SGDファルマ、国内で25年ぶりにガラス容器工場を開所

SGDファルマはサンカンタンラモット(ソンム県)に医薬品用ガラス容器工場を開所した。投資額は6500万ユーロ。フランスでガラス工場が新設されるのは25年ぶりとなる。
SGD(旧サンゴバン・デジョンケ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。