仏海運大手CMA CGM、オマール海老を生きたまま輸送できる新コンテナを発表

仏海運大手CMA CGMは4月25日、オマール海老を生きたまま輸送できるリーファー・コンテナ(内部を一定温度に保つ設備をもつコンテナ)の「Aquaviva」を発表した。仏Emyg Environnem...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。