オーストラリアの潜水艦入札:仏DCNSと独TKMSの戦いに

オーストラリアの次期潜水艦調達に関して、当初は最有力視されていた日本勢が後退して、軍艦建造の仏DCNS(国が75%、仏タレスが25%出資)と独TKMS(ティッセンクルップ・マリン・システムズ)の争いに...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。