治験死亡事件:物質自体の毒性が原因とする鑑定結果が発表に

レンヌ市の治験機関バイオトライアルで発生した薬害事件(1人が死亡)で、当局機関のANSM(仏医薬品庁)が設置した専門家調査委員会の最終報告書が19日に発表された。事故の原因が専ら薬効成分の毒性にあった...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。