パリのブルス・ド・コメルス、美術館に改修か

4月18日付の仏レゼコー紙によると、美術収集家としても知られる仏人実業家のフランソワ・ピノー氏(仏高級ブランドグループ、ケリングの創業者)が、パリ1区所在のブルス・ド・コメルス(1万3000m2)を美...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。