世界保健機関、サノフィのデングワクチン導入を勧告

WHO(世界保健機関)の戦略諮問グループ(SAGE)は対デング熱戦略の中で、仏製薬大手サノフィが開発したデングワクチン「Dengvaxia」の導入を勧告した。新興国の多くは公衆衛生の政策策定にあたって...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。