マリ:非常事態宣言、7月15日まで延長

政府は4月13日の閣議で非常事態宣言を7月15日まで延長することを決めた。テロ対策を継続することを目的とする。最初に非常事態宣言が発令されたのは、昨年11月20日にバマコで発生した自爆テロ事件(死者2...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。