ゲアン氏の対立候補、当局機関による盗聴の対象に

ルモンド紙の取材から、2012年6月の総選挙時に、保守野党UMP(現在の共和党)を割って出て立候補し、当選したティエリー・ソレール下院議員について、防諜機関DGSEが盗聴等の通信監視を行っていたことが...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。