労働法典改正法案:首相が有期契約のコスト引き上げを予告、経済界は反発

労働法典改正法案を巡り、バルス首相は11日、反対派の学生・高校生団体の代表と会談、若年者向けの一連の支援措置を提示した。また、有期労働契約(CDD)を対象に社会保険料等を増額する方針を、改正法案に盛り...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。