中国のQi Jianhong氏、バング&オルフセンの筆頭株主に

中国人実業家のQi Jianhong氏は4月7日、デンマークのバング&オルフセン(オーディオビジュアル機器)の筆頭株主となった。13.1%株式を新たに取得し、出資率を直接間接で18.7%とした。
バ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。