フラマンビルEPR、建設作業の80%が完了

仏フラマンビル原子力発電所(マンシュ県)のEPR(欧州加圧水型炉)建設作業は、全体の80%が完了した。4月8日付けの仏レゼコー紙が、EDFのEPR工事責任者の話として報道した。数日前には一次冷却系の機...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。