独仏合同閣議、両国の協調をアピール

独仏合同閣議が4月7日、仏メッス市で開かれた。合同閣議はこれで18回目を迎え、両国の20人程度の閣僚が出席した。
このところ難民問題などを巡り欧州連合(EU)が大荒れの展開となり、独仏間の関係もぎく...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。