バルス首相、「イスラム教ファッション」を批判

バルス首相はこのほど、ルフィガロ紙主催の討論会に出席した機会に、イスラム教に関する見解を披露した。首相はまず、サラフィズムが勢力を伸ばしていることに懸念を表明。サラフィズムを「原理主義とテロ」への入り...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。