仏パリュエル原子力発電所で改修中に蒸気発生器が落下

仏電力大手EDFとASN(仏原子力安全局)は、仏パリュエル原子力発電所(セーヌマリティム県)2号機の原子炉建屋内において3月31日午後、蒸気発生器(高さ22メートル、重さ465トン)が運搬中に落下する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。