南ア:石炭発電からの脱却に向け原子力と再生可能エネルギーに注力

南アフリカは経済に影響を与える深刻な電力不足を解消するため、2030年をメドに電力生産を倍増する計画を進めている。メドゥピとクシレにそれぞれ出力4800MWの火力発電所を建設する計画はその一環だ。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。