ギニア:エボラ出血熱、最後の患者が治癒

ギニアで11月16日、最後のエボラ出血熱患者の治癒が確認された。世界保健機関(WHO)とNGO「国境なき医師団(MSF)」が翌17日に発表した。ウィルス潜伏期間(21日間)の2倍に相当する42日間が経...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。