在仏米国商工会議所、「投資先としての仏の魅力は低下」と判断

在仏米国商工会議所(AmCham)が投資先としてのフランスの魅力に関する調査結果を11月25日に発表した。この調査はコンサル大手ベイン・アンド・カンパニーの協力を得て、フランスで事業を行う米企業の仏事...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。