仏シノン原子力発電所でレベル1の異常

仏シノン原子力発電所(アンドルエロワール県)で年次点検により、50の防火扉のうちの15に不具合が発見され、国際評価尺度(INES)でレベル1の異常な事象と判断された。発電所は、早急に対策を講じており、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。