国内で鳥インフルエンザ(H5N1)の感染が判明

仏農業省は11月25日、仏南西部ドルドーニュ県ペリグー北部で鳥インフルエンザ(H5N1)の感染が判明したと発表した。自家消費用に鶏を飼育していた個人宅で、飼育する30羽のうち22羽が死亡したため、検査...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。