テロの標的だったラデファンス地区

パリ同時テロ事件の主犯格とみなされるアブデルハミド・アバウド(18日にサンドニで死亡)の事件前後の行動が、その後の捜査で明らかになってきた。パリ共和国検事が24日に発表したところによると、アバウドはも...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。