パリ市、手工業の活性化を目指し製造証明表示制度の開始へ

パリ市議会は11月13日、市内の産業活性化を目的とする「パリ市産業活性化プラン」を採択した。市内の製造部門には5万3000人が就労し、全雇用の3.2%を占める。サンマルタン運河のエグザコンタ・クレール...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。