仏国鉄の従業員代表選挙、強硬派労組のCGTがトップの座を維持

仏国鉄(SNCF)の従業員代表選挙の結果が公表された。労組別の得票率は、改革に対決姿勢を打ち出すCGTとSUD-Railが2014年比でそれぞれ1.31ポイント減の34.33%、0.16ポイント減の1...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。