サルコジ前大統領、現政権によるテロ対策の不備を批判

仏下院では17日にパリ同時テロ事件への対応をめぐる質疑応答が行われた。野党「共和党」の議員などがバルス首相やトビラ法相を野次り、発言を妨害するというシーンがみられ、ルモンド紙などは、テロ対策での結束に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。