エア・リキード、米エアガスを買収へ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

産業ガス大手の仏エア・リキードは17日、米同業エアガスを買収すると発表した。エネルギー価格の低下により活気づく米製造業の需要取り込みを狙う。
エアガスは従業員数1万7000人、18日の時価総額は80億ドル強、2014年の年商は53億7000万ドル。エア・リキードは、債務の引き受けを含めて、総額134億ドル(125億ユーロ)での買収を提案。1株143ドルの現金での買収価格を提示した。これは、17日終値に比べると34.6%、過去3ヵ月の平均株価と比べると50.6%高い。
エアガスは売上高の98%を米国市場で達成しており、電子商取引プラットフォームを展開している。エア・リキードはこうした資産を統合することで、米国市場で最も充実したマルチチャネル販売網を展開する製造者になる計画。初年から3億ドルのシナジー効果を達成し、同年中に買収が一株益を押し上げる効果を発揮すると予想している。
エアリキードの2014年年商は154億ユーロ。買収資金はつなぎ融資で確保し、後に30億-40億ユーロ程度の増資を行う計画という。