TGVの脱線事故、スピードの出し過ぎが原因の可能性が遠のく

11月14日にストラスブール郊外のエクベルスエム市で試験走行中の高速鉄道(TGV)が脱線事故を起こした件に関して、軽症をおった運転士は、事故が起きた場所では時速176kmで走行していたと証言した。スピ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。