仏軍、「イスラム国」の拠点を報復爆撃

仏国防省は11月15日夕、13日に発生したパリ大規模テロを受けて、シリアの「イスラム国」拠点のラッカで大規模空爆を行ったと発表した。仏空軍機は、シリア東部の同市で20発の爆弾を投下、指揮所(徴兵所及び...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。