エア・リキード、ノルマンディーでCCS施設を開設

産業ガス大手の仏エア・リキードは11月5日、ノルマンディー地方のノートルダムドグラバンションで、同社初のCO2回収・貯留(CCS)施設を開設した。この施設は、同社が10年以上の研究を通じて開発した、低...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。