ダルティ、FNACからの買収提案を受け入れ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ダルティ(家電販売)の経営陣は6日、FNAC(書籍・CD、電子製品等販売)からの買収提案を受け入れることを決めた。FNACが改善した買収提案を承認、株主に対してこれに応じるよう呼びかけることを決めた。ダルティはフランス発の流通チェーンだが、英ロンドン市場に上場されている。FNACは買収提案を改善し、ダルティ37株をFNACの1株と交換することを提案、さらに、買収額の10%を現金とすることに応じた。FNACが最初に買収を提案して以来、FNAC株価は10%を超える上昇を記録しており、市場の後押しで買収提案額は自動的に上昇、結局、6億1500万ポンド(8億6000万ユーロ)に達している。ダルティの株主は当初は消極的だったが、この改善を見て態度を変えた。ダルティとFNACはいずれも、米アマゾンのような大手に単独で対抗するのは困難で、統合により活路を見出す以外に方法はなかったという事情もある。
FNACは買収後も、ダルティのブランドと店舗網を維持する計画だが、労組側は、合併に伴う雇用への影響を懸念している。買収計画の遂行には、仏競争当局の承認を得る必要もある。