テレフォニカ、第3四半期に減収

スペイン通信テレフォニカは11月6日、第3四半期の純益が8億8400万ユーロと、前年同期比で1.9%減少したと発表した。減益の理由としては、リストラ費用として7400万ユーロの特別引当金を計上したこと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。