子宮頸癌ワクチン「ガーダシル」、仏で神経疾患発症の因果関係は立証されず

子宮頸がん予防ワクチン「ガーダシル」の接種が神経系の疾患を引き起こしたとして50人ほどが訴えていた件について、パリ検察庁は、これらの疾患とワクチン接種との直接的な因果関係は証明されないとして、捜査を打...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。