仏AMF、高頻度取引の違反疑惑で審理

仏AMF(金融市場監督機関)の制裁部は11月4日、高頻度取引を利用した違反行為に関する審理を行った。ユーロネクスト・パリ(パリ株式市場の運営主体)と米バーチュ・フィナンシャル(トレーディング)がそれぞ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。