マリ:国際ドナー、復興・開発支援に32億ドルの拠出を約束

経済協力開発機構(OECD)の主催するマリの経済復興と開発に関する国際ドナー会合がパリで10月22日に開催された。マリからはケイタ大統領を筆頭とする政府代表団のほか、北部の和平合意に調印した諸勢力の代...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。