探査機ロゼッタ、彗星から大量の酸素分子を検出

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の観測を続けている欧州探査機ロゼッタが、彗星周辺の気体から大量の酸素を検出した。研究結果が28日、ネイチャー誌に掲載された。専門家らは説明がつかない現象だと首をかしげてい...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。