AP-HP、就労体制の見直しで労使合意が成立

AP-HP(パリ首都圏公立病院連合)で10月27日、就労体制の見直しに関する労使合意が成立した。実質的に週35時間労働制の見直しを含む内容となった。AP-HPの職員7万5000人に適用される。
労使...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。