トタルの不正疑惑で控訴審が開始

湾岸戦争後の1996年から2003年にかけて国連がイラクに対して実施した「石油食料交換プログラム」は、当時のフセイン政権により乱用されていたことがプログラム終了後の調査で判明したが、フセイン政権による...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。