オランド大統領、社会保障制度を擁護

オランド大統領は10月6日、社会保障制度の発足70周年(フランスの社会保障制度は終戦後の1945年にドゴール政権が制定)を記念した式典で演説し、社会保障は共和国の柱であり、社会的結束に不可欠な制度だと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。