バルトローヌ下院議長に不正疑惑

下院のバルトローヌ議長(社会党)が、セーヌサンドニ県(イルドフランス地域圏)の県議会議長だった時代に架空雇用などの不正を行っていた疑いがあることが10月7日付けのルモンド紙などで報じられた。議長は年末...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。