イタリアからの使用済み核燃料が仏ラアーグに到着

仏原子力大手アレバは9月29日、イタリアから使用済み核燃料7.1トンが鉄道経由で仏バローニュ駅に到着したと発表した。アレバのラアーグ工場において再処理される。アレバと伊の国営原子力発電所管理会社SOG...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。