EDF経営陣、勤務時間の制度改正計画を撤回

仏電力大手EDFが仏国内の管理職3万人の勤務時間の制度改正を目指して進めていた労使交渉で、EDF経営陣は9月24日、同計画を撤回した。合計で過半数の労組(CGT、CFDT、FO)が反対したことを受けて...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。