失業者数、8月に大幅増

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

9月24日発表の公式統計によると、失業者数(本土)は8月に357万1600人となり、前月比で2万人、率にして0.6%増加した。1年前からでは4.4%増加した。海外県を含めると、失業者数は383万5100人に上った。他方、当該月に一定の就労実績がある求職者を含めた失業者総数は本土で542万900人(海外県を含めると572万6300人)に上り、前月比で0.2%、1年前からでは6.7%、それぞれ増加した。
本土の失業者数(当該月に就労実績がない者)は、6月に1300人増、7月に1900人減と、失業増に歯止めがかかったとも見える推移をしていたが、8月には再び大幅な増加を記録した。8月には、25才未満の失業者が0.1%減(前月比)を記録したものの、50才超の失業者数は前月比で1.4%増、1年前からでは実に9.4%増を記録、改善が見られていない。1年以上の長期失業者数も240万4300人となり、1年前から10.6%増加した。半面、新規採用の申告数は、8月に前月比で3.8%増、前年同月比で6.5%増と伸びているなど、回復を示す材料も見受けられる。