スマート仏工場の週39時間労働復帰に主要労組が反対

小型自動車製造スマート(独ダイムラー傘下)の仏アンバック工場(モーゼル県、従業員800人)において、週39時間労働の復帰についての労使交渉が9月16日に開始される。同工場においては11日に、週39時間...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。