バルス首相、35時間制見直しの可能性を否定

マクロン経済相が8月27日に週35時間労働制を批判する発言をしたことが、政府与党の社会党内で物議を醸している。経済相は、経営者団体MEDEFの集会に出席した機会に、「左派勢力ははるか以前に、少なく働け...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。