仏エネルギー相、石炭焚き火力発電所関連輸出の公的支援中止の立場を堅持

ロワイヤル仏エネルギー相は8月27日、オランド大統領が昨年11月末に石炭焚き火力発電所関連の輸出に関する公的支援を中止すると発言したことに関し、「約束は守られなければならない」と述べ、その立場を支持し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。