ベッソン監督、仏での映画制作と引き換えに税制優遇措置の適用を求める

リュック・ベッソン監督は、新作「Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)」について、フランス映画を対象とする税制優遇措置の適用を求めている。この映...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。