修士課程の選抜に関する訴訟で学生側の勝訴相次ぐ

大学の修士課程における選抜を問題視する一連の訴訟で、行政裁判所は8月中旬までに、学生側の訴えを認める3件の判決を下した。修士課程2年次の登録を拒否された学生の訴えを緊急審理で審査し、登録に応じるよう大...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。