ブレイエ原子力発電所で作業員が外部被曝

仏電力大手EDFは8月21日、ブレイエ原子力発電所(ジロンド県)において保守作業に参加していた作業員がINES(国際原子力事象評価尺度)でレベル2に相当する外部被曝の被害にあったと発表した。作業員の健...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。