ヴェオリア、天津市の汚染水を処理

中国の天津市の港湾地区「浜海新区」で8月12日に起きた大規模爆発事故では化学物質の飛散による大気や水の汚染が発生しているが、仏環境サービス大手ヴェオリアは8月17日、約100トンの汚染水の処理を請け負...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。