憲法評議会、労使関係法を承認

憲法評議会は8月13日、先に国会で可決された労使関係法(通称レプサメン法)の違憲審査で、同法をほぼ全面的に承認する決定を下した。同法は数日中に官報にて公示され、施行される見込み。
評議会は唯一、住宅...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。